www.lvoutletjp.com

外国為替証拠金取引(FX)についての興味深いところは一つだけの投資の商品であるはずがお金を掛ける期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」のどの期間を選定するのかということによって資本の投下の手法がまるっきり変わってくるところにあると言います。外貨投資の「長期の投資」を詳しく見てみましょう。長期の投資とは、一年以上の投資期間を原則としているのが通常です。まず為替においては、一年も後の相場が円高でしょうか、それとも円安になっているかを連想するなんていうことは普通は苦難に違いありません。ほとんどの場合、「それほど先の状況は見当もつかない」と思うのが現実かと思います。未知なのに予言しようにも、そんなことは無駄なのです。そういう訳で他の貨幣を買った場合、買ったタイミングの価格よりも円高に変動したとしても、その分はそのうち元に戻るだろうという気楽なイメージで参加するのが良いと思います。為替の差益を積極的に上げることに限定せず、その他の収益、要はスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で収益を上げるということをとりあえずのゴールと決めてやってみましょう。もちろん短期で為替変動の損がすごくなってしまうことがあります。よってこういう場合のような為替差損があってもさほど困らないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少なめで売買することはポイントです。外国為替証拠金取引(FX)は差損が一定額よりも拡大してしまうと、追加保証金が出て来たりまたは損切りになったりします。ストップロスをしたら、即座にやり取りを終わりにしなければならず、長期投資はストップします。例のようなリスクを抑えるためには、レバレッジ2?3倍あたりでやり取りするのがベストです。次に中期でのやり取りに関してです。中期の場合、一番長くても1?2ヶ月ばかり後々を考慮しての売買であります。為替のトレードの場合、およそ1ヶ月ほど先のことであれば、おおかた、予測できるな場合が多いでしょう。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)を始めとした国同士の集まりであったり為替のトレードに参加している人たちがどういった点に関心があるかを見てみれば、おおかた、想定できるでしょう。こういったファンダメンタルズを見る一方グラフを参照することによって、レートの状態を把握しトレードを判断するといいと思います。基本的に経済の状況とジャッジのどちらでも光りまたはどちらも買い傾向が一致していれば、おおよそその方向に動いていくと考えて差し支えありません。その時はポジションを増やせばより多くの利益を期待できるでしょう。第三に短期スタンスのポイントです。ここでの短期のトレードが指しているのは、いわゆるデイトレードを示しています。為替相場でデイトレードをする場合経済情勢は少しも関連がないと明言していいです。なぜならあくる日の為替の相場の変化に経済の基礎的条件は反映されないからです。この場合の一番のミソは目立ったイベントがある時そのおかげで相場がかなり変化する瞬間を待ってやり取りすることです。たとえば米国で雇用統計が公布される、はたまた金利政策などにより制作金利が変化するような出来事。こうした瞬間的な変動を逃してはいけないとの意味で、短期のトレードでは高度な要素が必須となる。

Link

Copyright © 1996 www.lvoutletjp.com All Rights Reserved.